愛すべき不登校兄弟たち

親のエゴを手放し信頼する

家で勉強するにはどうすれば?

家族構成

長男君(中3 不登校歴8カ月)

次男君(小6 不登校歴 14カ月)

母親と父親(僕)

--------------------------

 

久しぶりに長男君と次男君と妻と僕の家族4人でお出かけしてきた。

どれくらいぶりだろう?

トイ・ストーリー4を観に言って以来だと思うので3カ月ぶり?

 

お出かけと言っても、いつもの子供心療内科(笑)。

長男君は普通に先生と面談。

次男君は診察室の前まで。

「先生に会える?」と聞いたけど「無理」と。

 

受診時間は15分間と短いので、事前に聞きたいことを問診票に書いて提出するシステム。

前日に長男君に考えておいてと投げかけておいた。

 

長男君の質問。

「家で勉強できるようになるにはどうすればいいか?」

 

不登校になってから勉強をする気が起きないと言っている。

怠けているわけではなく心理的な抵抗があるようだ。

11月から家庭教師の先生の授業を受けて、その時間だけは勉強ができるようになった。

 

先生の回答。

「机に向かう勉強ではなく洋楽を聴く(英語の勉強)とか、YouTubeで学習動画をみるとか。他には運動が始めるのがいいかな、家の階段の上り下りとか。」

 

この先生も不登校の事例をたくさん見てきているので、決して子供に無理はさせない。

家庭教師の先生と同じ。

親はつい焦って先を急いでしまう。

 

受診後にどうだった?と聞くと。

長男君「走ろうかな」。

前向きな発言!

 

親バカな二人は早速、帰りにスポーツ店によってジョギングシューズを買ってやった。

長男君が自分で選んだ高くてかっこいいうやつ。

 

それから三日たつが、そのシューズが使われた形跡はない(笑)

まあ、子供ってそんなもん。

と思えるようになった自分は少し親として成長したかもしれない。

 

宿題は出しません

家族構成

長男君(中3 不登校歴8カ月)

次男君(小6 不登校歴 14カ月)

母親と父親(僕)

--------------------------

 

長男君の話。

今年初めての家庭教師の授業は受けることができた。

年末の授業はドタキャンしたので、どうなるかなと思っていた。

後で「気持ちはどうだった?」と聞くと「普通」と答えたので、大丈夫かなと思うが、無理しているのかもしれないし本心はわからない。

  

入試まで一か月を切っているが、すべて家庭教師の先生の任している。

授業は週一回の90分だけ。

当初の説明だと慣れてきたら宿題をだすと先生は言っていたが宿題が出されている様子はない。

長男君は家で一切勉強をしていない。

そろそろ勉強しなくていいのかなと思いながら、口には出していない。

親が言ってもたぶん逆効果。

 

帰り際に先生が説明してくれた。

入試までこのままでいきます、宿題は出しませんと。

理由は、宿題を出して長男君がもしできなかったら自分を責めてしまうことになるので。

学力よりも落ち着いた気持ちで受験に臨むことを優先する判断。

 

不登校専門の家庭教師なので、たくさんの事例を見てきている。

親としては信頼して先生と長男君の二人に任せている。

結果はわからないが、どうのようになっても何とかなると思う。

 

新年に固く誓う

家族構成

長男君(中3 不登校歴8カ月)

次男君(小6 不登校歴 14カ月)

母親と父親(僕)

--------------------------

 

正月休みも今日で終わり。

ただひたすらにダラダラと過ごした(笑)。 

 

元旦は例年通り、近くの親戚が集まって簡単な新年会。

子供二人も普通に参加。

お年玉もらっておせち料理とお雑煮を食べた。

 

四日には長男君と妻との三人で初詣。

人目を気にする長男君のため車で一時間かけて遠くの神社へ。

出渋りの次男君はお留守番。

長男君は今年受験なので合格祈願のお守りを買ってきた。

休みのイベントは以上。

 

他の日はずっと暇だったので不登校・ひここもり関連のブログや記事をネットで読んでいた。

その中で心に刺さったものがある。

 

note.com

 

 

これはまさに僕の子育ての反省でもあり、自分への戒めとしてこのブログで紹介する。 

 

とりあえず私は、彼に「生きててほしかった」と言ってあげたい。もっと正確にいえば、「あなたの人生がたとえレベル1だったとしても、父親のものではなく、自分のものとして確立されるまで、生きててほしかった」と。

 

子供は子供の人生を歩んでいく。

 親の人生を歩ましてはいけない。

このことは2020年の正月に固く誓う。

 

次男君との会話

家族構成

長男君(中3 不登校歴8カ月)

次男君(小6 不登校歴 14カ月)

母親と父親(僕)

--------------------------

 

先日ののSC(スクールカウンセラー)さんとの面談で指摘されたこと。

次男君が再登校に向けて動き出していることはOK。

ただし、一歩進むごとに次男君の意思を言葉で確認すること。

 

痛いところを突かれた。

自分でも自覚があった。

次男君と一緒に同じ方向を向いて歩んでいることは間違いないと思うが、次男君の「~したい」「~する」という言葉での確認は省略することがよくあった。

 

つい先を急いで学校に復帰することを目標としてしまっていた。

そうではなく自立することが目標だ。

 

親だから子供の気持ちを察することはでいるが、他人は察してくれない。

自分の意思をはっきりと自らの口から出せるようになること。

これが目標だ。 

 

答えが「YES」「NO」の質問をするのではなく、「どうする?どうしたい?」と考えさせる質問を多くしてみようと思う。

次男君は色々と考えているばずだ。

その日の晩御飯で聞いてみた。

 

僕「次男君は中学へは行きたいのだよね?」

次男君「うん」

僕「それにはどうすればいいと思う?」

次男君「小学校に一日でも登校して授業をけることができれば、中学へも行けると思う」

 

やっぱり考えていた。

自分の言葉でしゃべった。

 

僕「授業を受けるには先生に会わないといけないよね。どうすれば会える?」

次男君「…」

 

この質問は難しかった。

その答えがわかればもう再登校している。

答えはないかもしれない。

正解を求めているのではない。

次男君が自分で考えること。

それが大切だ。

 

 

12月の備忘録

12月の備忘録

長男君

  • 模試を一般の試験会場で受ける
  • 週一で家庭教師(一日だけドタキャン)
  • 志望校を決定
  • 志望校までのお試し登校をする
  • 卒業アルバムの写真撮影
  • 漫画喫茶へ行く

-------

次男君

  • 授業中の時間帯に毎日学校へ行くことを決定
  • 卒業アルバムの写真撮影(制服を着用)
  • 卒業文集を書く
  • 半年ぶりに友達と遊ぶ
  • 学校で先生が視界に入っても怖がらない

 

ドタキャンは忘れた頃にやってくる

家族構成

長男君(中3 不登校歴8カ月)

次男君(小6 不登校歴 14カ月)

母親と父親(僕)

--------------------------

 

長男君、久しぶりのドタキャン。

今日は今年最後の家庭教師の授業。

11月から週一でその先生のところに通っている。

 

今起きてきて、「今日や休んでもいい?」と聞いてきた。

もちろん「いいよ」と答えた。

 

不登校の当初はドタキャンが何回かあった。

約束の日はいつも、時間に間に合うように起きてくるのか、僕はドキドキしていた。

最近はなくなって、もう大丈夫かなと思っていた矢先。

 

不登校は一進一退。

ドタキャンはあるある。

 

受験まであと一か月。

志望校を決めて願書も提出した。

親は環境を整えるだけ、なるようにしかならない。

子供を信頼するのみ。

 

怖さの基準がわからない

家族構成

長男君(中3 不登校歴8カ月)

次男君(小6 不登校歴 14カ月)

母親と父親(僕)

--------------------------

 

昨日、次男君と今年最後の学校へ。

冬休みなので生徒はいない。

いつものように駐車場に車を停めて校舎の方を眺めていた。

 

体育館の入り口では男の先生が掃除をしている様子が見えた。

とうやら年末掃除の日なのだろう。

数人の先生が校舎の外に出てきて、備品の埃払い?を始めた。

その中の一人の女の先生が体育館の方へ向かって歩き始めた。

そして僕らの車の近くを通り過ぎるとき、気づいてくれて会釈をしてくれた。

 

 

その時の助手席に座っていた次男君。

なんと普通にしていた。

これには僕がびっくり。

ちょっと前までは先生が視界に入るだけど怖がって隠れていた。

 

後で聞いたら別に怖くなかったと。

対人恐怖症はもう大丈夫なの?

 

そして今日はSCさんと面談の日。

昨日の様子からもしかしたらと思って聞いてみた。

SCさんに挨拶だけでもできない?

次男君は顔をこわばらせて恐怖の表情。

そうかこれは無理なのか。

 

恐怖心が和らぎつつあるのは確かだが、何がダメで何が大丈夫なのか基準がさっぱりわからない。