愛すべき不登校兄弟たち

親のエゴを手放し信頼する

ドタキャンは忘れた頃にやってくる

家族構成

長男君(中3 不登校歴8カ月)

次男君(小6 不登校歴 14カ月)

母親と父親(僕)

--------------------------

 

長男君、久しぶりのドタキャン。

今日は今年最後の家庭教師の授業。

11月から週一でその先生のところに通っている。

 

今起きてきて、「今日や休んでもいい?」と聞いてきた。

もちろん「いいよ」と答えた。

 

不登校の当初はドタキャンが何回かあった。

約束の日はいつも、時間に間に合うように起きてくるのか、僕はドキドキしていた。

最近はなくなって、もう大丈夫かなと思っていた矢先。

 

不登校は一進一退。

ドタキャンはあるある。

 

受験まであと一か月。

志望校を決めて願書も提出した。

親は環境を整えるだけ、なるようにしかならない。

子供を信頼するのみ。